「共助」という利他の想い

「自助」も「公助」のはざまで忘れられがちだけれど、持続可能な社会には「共助」が必須。

「自助、共助、公助」の意味を考える。

就任時に菅総理が掲げた「自助、共助、公助」というスローガン。国が「自助」を言うことに反感を抱く人が少なからずいたと思います。コロナ禍の中、国民が個人の生活でも経済活動でも「自粛」という名の「自助」に努めている今、「自粛」イコール「自助」ではないとしても、もう個人の努力では限界であることが分かってきたのに、さらに「自助」を求めるのか?というのが国民感情正直なところでしょう。あらためて「自助、共助、公助」の意味について考えていきたいと思います。「自助、共助、公助」という理念は社会に定着していますが、それは「防災」と「社会保障」と「自民党の綱領」で説かれていて、それぞれ意味が少しずつ違います。

防災と社会保障では、とらえ方が異なる。

防災の場合は「まずは自助、次に共助、最後に公助」ということではありません。「自助、共助、公助」にプライオリティがあるというより、その3つの「助」が総合的に機能することで、相乗効果を発揮できるという考え方です。それぞれが並走して機能していくという考え方です。一方、社会保障の場合は、「まず自助、それを元にした共助、最後の砦が公助」という考え方が一般的です。もっとも、そのように「自助が先」と捉えると、自己責任が強調され、すでに自助が不可能な弱者を切り捨てていく新自由主義的な政策につながるという批判もあります。現に生活保護受給者を福祉のフリーライダーなどと呼ぶ風潮もあり、社会的弱者を支える「公助の整備が先」で、それが不十分なままに「自助」を求めることは問題であるとする視点です。

共助を支える、利他という想い。

先か同時かはともかく、「自助」が社会にとっての基盤であり、欠かせない理念であることは間違いないでしょう。しかし、「自助」が強調されると「自分のことだけ考えていればいい」というエゴイズムが蔓延する社会を招く危険もあるでしょう。そこで重要となるのが「共助」です。「共助」を発動するのは、自分が「共同体の一員である」という意識でしょう。その意識が「共助」という行動となって、「自助」と「公助」をつなげて機能させていくと考えます。もし「自助」と「公助」だけで良いという考えた場合、道に倒れている人がいたら「公助」である救急車を呼んで、その場を立ち去ってもいいのかもしれません。交通事故の加害者ではないし、それ以上関わる個人の義務はないはずです。しかし、多くの人は救急車が到着するまでは付き添って声をかけたり、近くにAEDがあれば周りの人と協力して使うなどすると思います。そのような他者に対する想い「利他の精神」が「共助」を支えているはずです。だれかが倒れているというのは緊急事態ですが、それを日常の中でも発揮していくことが「共助」です。

共助が自助と公助をつなぐことも。

「自助」と「公助」の発想しかなく、行政サービスのような「公助」の範囲については、個人の義務は一切無いと割り切ってしまうと、たとえば身近に困っている人がいても自分は関わらない、という発想につながりかねないわけです。行政による「公助」が稼働される社会だったとしても、だからといって地域に暮らす個人の社会的責任がまったく無くなるわけではないと考えて行動するのが「共助」といえるでしょう。助け合いは共同体の構成員の務めであり、常に一定の人がそう考えていれば「共助」は成り立つと考えられます。「自助」と「公助」の狭間で忘れられがちですが、実は「共助」こそ「自助」と「公助」をつなぐ重要な価値観だと思います。

共助が社会を機能・持続させる。

現に「自助」と「公助」だけで事足りて、「共助」の必要性を感じない人は増えているようにも思えます。しかし「共助」は、共同体にとっての大事な理念であり、それが欠落しては社会の安心や持続は難しいでしょう。防災や社会保障の分野に限らず、社会を営んでいくさまざまな場面で「自助、共助、公助」は存在し、それぞれが補い合いながら機能していくのだと考えられます。たとえば学校教育という事業は「公助」ですが、教育現場を支える職員の「共助」は必要でしょう。子育て支援政策の拡充は「公助」ですが、子育てしている家族を地域で支えていくのは「共助」と言えます。「自助、共助、公助」にはそれぞれ役割分担があり、またそれぞれに限界もあるということでしょう。その意味では、首相が「自助、共助、公助」を社会のあり方として掲げるのは当たり前のことと言えるでしょう。ただし、「自助」だけが強調されて受け取られてしまったことは事実です。国民にどう届けるかというコミュニケーションの視点で考えれば、たとえば「国民の皆さんの自助や共助が報われる社会のために、公助でしっかり支えていく」というような表現あったでしょう。主語は「公」なのですから。