今だけ、ここだけ、自分だけ

コンサマトリーの拡大という社会的なコロナ禍の中で。たとえ鬼ばかりの世間でも、出ていくきっかけを。

オンライン化で進む?人間関係の断捨離。

オンライン化が進む中で、この際、人間関係を断捨離してしまおうという人は増えるのでしょうか?物理的な行動範囲が狭くなって、人と会う機会が減っていくと、心の行動範囲も狭くなっていくかもしれません。たとえそれで日常生活に不便は無くとも、「新しい日常」が心まで狭くなってしまう日常ということであれば、それは喜ばしいこととは言えないでしょう。行動範囲が狭くなることを逆手にとって、今までは気づかなかった身近なモノやコトを発見していくという、新しい日常の楽しみ方もあると思います。しかしその場合、一人で行動することは始めやすいでしょうが、新しい人と交流を広げていくというアクションは起こしにくいでしょう。

今だけここだけ快適な、コンサントリーという生き方。

人間関係は現状維持で良いとあきらめてしまうと、やがてとりあえず会わなくてもすむ人とは、ますます会わなくなっていき、結果的に人間関係の断捨離が起きてしまうかもしれません。今は不要不急の人間関係と思っていても、一生のうちのどこかで必要となってくる人間関係かも知れません。いっそ、不要不急と思う人にこそ、これを機に連絡してみるのはいかがでしょうか?意外と相手はこちらのことを必要としていることがあるかもしれません。また、人はえてして厳しく言ってくれる苦手な人を不要不急な人間関係と錯覚してしまいがちです。それを切ってしまうことは危険なことでしょう。自分に都合よいだけの人間関係は、快適ではあるけれど、自分を成長させてくれる「縁」にはなりません。現状の快適な人間関係の中だけで生きていく生き方を、社会学では「コンサマトリー」と言います。今ここにいることに幸福を感じ、大切にしていく自己充足的な生き方と言えるでしょう。仲間を大切にする生き方ではありますが、「今の仲間の中だけで生きていく」という生き方です。そういうコンサマトリーな生き方を求める若者は増えていたような気がしますが、コロナ禍の中でますます増えていくのではないでしょうか?

閉じた日常から連れ出すファシリテーター。

でも、それでは人生つまらないのではないか。そう気づけば、今の閉じた日常から脱出しようと思う人が出てくるはずです。その気づきを与えることができるのは、閉じた日常からの出口を指し示し、扇動して先導していくファシリテーターでしょう。あらかじめ答えを知っていて、そこに導いてくれる人、それがファシリテーターです。それは、リーダーとしての個人の場合もあるし、共同体の場合もあるし、運動のようなフレームの場合もあるでしょう。人々の気持ちが内向きになっていきがちなウィズコロナの時代にこそ、そうした突破口となる存在が求められます。