ふれあえない共同体

オンライン化が進む中で、オフラインが命の共助はどうなる?

地元のお祭りも2年連続で中止となりました。来年はどうなるのでしょう?祭りは神輿が典型ですが、そもそも人と人との「ふれあい」がベースです。フィジカルディスタンスを保って、掛け声もかけずに神輿を担ぐというのは全く想像できません。私は町会の防災部長を仰せつかっていますが、防災訓練も中止にせざるをえませんでした。コロナによって喪失したものは多いのですが、言葉にしても「喧々諤々」「丁々発止」はもともと絶滅寸前ですが、今後は使う機会さえなくなってしまうのでしょうか?「同じ釜の飯を食った仲間」などは実態としても想像できない世の中になるかもしれません。

新型コロナ対策は、国や自治体の大きな取り組みと、一方で個人の日常の心がけについては論じられますが、お隣同士で助け合うといった中間規模の対応についてはあまり聞くことがありません。それが震災や台風など自然災害と違う点かもしれません。自然災害の場合は「自助」「公助」に加えて「共助」の重要さにも光が当たります。「被災した人を、被災していない人が助ける」または「被災者同士で助け合う」という共助です。

しかし、今回のような感染症拡大の中での「共助」のあり方は難しい。「共助」には、どうしてもフェイス・トゥ・フェイスというか、フィジカルに寄り添う行動が伴いますから。気軽に「お元気ですか?」と訪ねていくのも気がひけます。「自助」と「公助」のはざまで、地域の共同体を支える町内会などの中間組織による活動の難しさが、ひしひしと感じられます。また、コロナ禍の中で災害が発生した場合、「共助」としてのボランティア活動は、どうしても感染防止を優先して、控える傾向にならざるをえません。

町内会や老人会は、本来「オフラインを前提としたネットワーク」です。未だに回覧板を回していますし。これを機にいろいろと適応していく必要はあるでしょう。町会のような地域共同体が典型ですが、そもそも「オフラインであることに価値があった」社会的活動は、今後どうなっていくのか?オフラインでなければ成立しないコミュニティは無くなってしまう運命なのか?コロナの流行がずっと続くわけではないでしょうが、「コロナ的な災厄」が今後も襲ってくる可能性はあります。それも視野に、技術革新をともないながら、さまざまな分野でオンライン化が加速することは間違いないでしょう。ですから町会などの共同体も、「ついて行けない」と諦めるのではなく、できることからオンラインで対応していくという流れを作るべきでしょう。そのためにも町内会にデジタルに強い若手の参加が喫緊の課題です。

ただし地域の共同体は「オフラインの人間関係を豊かにする」ことが目的であり、オンライン化は、そのための手段であるということを忘れてはなりません。オフラインのつながりを切り捨てた、オンライン・コミュニティにしてしまっては、手触りがある地域の共同体を持続させることは難しいからです。地域の共同体は「連絡網」ではなく「セーフティーネット」だからです。

「オンラインが善、オフラインは悪」のような極端な発想にならないためにも、できるところはオンライン化してみる、そして、オンライン化できない人が一人でもいる場合は、オンライン一本にシフトしないで、オフラインのコミュニケーションも手間がかかるが残しておく。そしてそれらの人々がオンラインに順応できるようにしっかり支えていく。どうしても順応できないなら無理せずオフラインで対応していく。と、工夫を重ねていくことが大事です。共同体にいる人を「一人も取り残さない」という想いがベースになります。コロナをバネとして、「人を豊かにする新しい共同体」の存在が模索していきたいと考えています。