ストレスのワクワク化

生きていることが幸せ!

仕事で大きな目標に挑戦し、見事に実現した。しかし、いざ実現してみると、それほど大したことをやり遂げたという実感が湧いてこなかったり、周囲の評価も期待したほどではなかったということがあります。必死に努力したのに、しれが幸せをもたらすものでなかったと気づく。

一生懸命頑張った結果が、実はたいしたものではなかったと事後的に気づく。未来に起きる結果を自分がどう感じるのかという予測と、結果が出た後に抱く感覚のズレを「インパクトバイアス」と呼びます。それほど幸福感をもたらさないものを手に入れるために、なぜ自分は必死になっていたのか、と気づいた時、自尊心が傷つき、ストレスとなって落ち込んでしまう。せっかく目標を達成したのに、それによって逆に不幸を感じてしまう。なんという矛盾でしょうか。

その時人は、その落ち込みからから立ち上がろうと、さらに高い目標を目指すこともあるでしょう。しかし、その目標が「モノ」や「カネ」だった場合は「もっともっと」というスパイラルに入り込み、どこまで行けば満たされるのか、その保障はありません。たとえ経済的に満たされても、健康や人間関係などの悩みが出てくれば、今度は経済的な成功に幸福を感じられなくなってしまうでしょう。

では、インパクトバイアスに苛まれない幸福感はあるのか?それは「生きていること自体が幸福」と感じられる境涯、ライフ・コンデイションではないでしょうか。それは「悩みが無い」という状態ではありません。むしろ、不幸やストレスに直面しても、それを受容し、なおそこから立ち上がっていこうとするレジリエンスの力、乗り越える勇気のようなものといえるでしょう。

日々の悩みを乗り越えていく意志と行動は、とても人間らしい状態といえます。さらに大きな悩みを乗り越えた経験を重ねることで、インパクトバイアスに一喜一憂しない人生となるはずです。目標に向かう時の人の傾向性には「戦略的楽観主義」と「防衛的悲観主義」があると心理学では説きます。戦略的楽観主義の人は、うまくいった場合を思い描いて努力する。一方、防衛的悲観主義の人は、失敗した場合を想定し、そうならないように努力する。どちらとも同じ結果が出たとしても、その達成によって得られる幸福感は違うような気がします。また防衛的悲観主義の人に、無理やり前向きになってもらうと、逆に結果につながらないことがわかっているようです。

また、人はストレスや不安を感じると心拍数が増えます。この心拍数の増加は興奮した時の状態と似ています。そこで、ストレスを感じている時の「ドキドキする自分」を、「ワクワクしている自分」とあえて錯覚させることで、ストレスに負けない自分にしていくことが可能と言われています。これを「再評価」と呼びます。たとえばストレスを感じている時に、あえて声に出して「今、ワクワクしてるぞー!」と言ってみると効果があるとのことです。困難に遭うたびに、それを挑戦のワクワク感に置き換えていく。それを繰り返していくことで、いつか自然にストレスを挑戦へのエネルギーに転換していくことができる自分になっていくのかもしれません。