コロナ恐怖症?平気症?

日常に定着した恐怖には、フリーズするのではなく、いきがるのでもなく、しっかり怖がる大人の反応で。

恐くて耐えられない、全く平気、二極に向かう人たち。

コロナがどうなっていくのか?日本での感染爆発は抑えられ、だんだん収束していくかのようなイメージがあります。しかし、世界的にはまだまだ感染は増大しており、先行き不安な世の中で、コロナを極端に怖がる「コロナ恐怖症」的な人と、一方でコロナは全く気にしない「コロナ平気症的」な人が現れてきているのではないでしょうか?ほとんどの人は、その間のグラデーションの中で、それぞれの感覚にしたがって、怖いのでしっかり注意している、という感覚でしょうが。そして、身近に感染者が出れば、それは「恐怖」の方へ傾き、いなければ「平気」な方へと寄っていく。自分や家族に高リスクな人がいれば「恐怖」側に寄り、いなければ「平気」側に寄る。という感じでしょうか。あなたの気持ちは、今どのあたりなのでしょうか?

「高所恐怖症」と「高所恐怖癖」は違う。

コロナ恐怖症というものはありませんが、ここでは、高所恐怖症にちなんでそう呼んでみます。ただし、高所恐怖症は医学用語としての症名です。「高い所が苦手」という人は多いと思います、というか、ほとんどの人は苦手でしょう。そのような、高い所が苦手というレベルの感情は、高所恐怖癖と呼ぶようです。ほとんどの人は、レベルの差はあれ高所恐怖癖でしょう。2階から下を覗くのはムリ、屋根には登れない、東京タワーの展望室の覗き窓には近づけない、などなど、高所に対する恐怖の度合いは、人によっていろいろでしょう。しかし、本当に高所恐怖症の人は、もう1メートルの高さにも耐えられないというレベルの人もいるようです。恐怖症には他にも、閉所恐怖症、先端恐怖症、蜘蛛恐怖症、暗所恐怖症、対人恐怖症、不潔恐怖症などさまざまなものがあります。

何かに恐怖症を抱くのは普通の感覚。

さて、恐怖癖ではなじみがないので、ここでは正確ではありませんが、「恐怖症的な感情」という意味で、かっこ付きで〈恐怖症〉と呼んでいくことにします。〈恐怖症〉の場合は、人によって恐怖の対象もさまざまです。個人的な恐怖体験がトラウマになっていることもあるでしょうし、幼い時から言い聞かされてきたものに対する恐怖もあるでしょう。幽霊や妖怪などの共同体に伝承された物語とか、宗教上の禁忌なども因になるでしょう。ヘビを怖がるのは、人類が歴史の中で出会った恐怖がDNDに記録されているのだという説もあります。しかし、いずれにしても、誰もがなるべく遠ざけたいという対象に対して、耐えがたい恐怖を抱いてしまうのが〈恐怖症〉ということであって、誰もが好きまたは平気なものに対して恐怖を抱くことを〈恐怖症〉とは言わないような気がします。「まんじゅうこわい」は、本当はまんじゅう恐怖症ではないわけです。たとえば閉所も暗所も不潔も、多くの人にとっては、どちらかというと嫌なものに対して、それを耐えられない恐怖と感じるのが〈恐怖症〉というものです。

高所平気症という社会現象の出現。

一方、「平気症」の場合は、多くの人が恐怖を抱くものに対して全く平気なことを言います。たとえば高所平気症は、タワーマンションなどで生まれ育った子が、高い所を怖がらなくなってしまうことがある、ということです。ちなみに「恐怖症」は医学用語ですが、「平気症」は社会現象に名付けた造語です。ですので、同じ次元で比較することはできないでしょう。それは分かった上ですが、恐怖症を恐怖の値がマックスだとすれば、平気症はゼロという状態と言えるでしょう。しかし、先ほども言ったように、ほとんどの人は、その中間のどこかのレベルで反応するわけです。どのくらいの高さまでならとか、どのくらいの間までならというように、空間的にも時間的にも我慢の限界のレベルがあるわけです。

恐怖症も平気症も、コロナを解決できない。

そこで、コロナ恐怖症とコロナ平気症の両極端を考えてみましょう。解明されてきたとはいえ、新型コロナウイルスは人類にとって、まだまだ未知の恐怖であることは間違いありません。そんな恐怖に対してどう向き合えば良いのか、その手掛かりとなるのが、恐怖症と平気症という例えです。コロナはもう日常の中に潜在している恐怖です。いつ自分に顕在化するかは分かりませんし、またそのことが恐怖を増大させます。そんな恐怖に対しては3つの姿勢が考えられるでしょう。1つ目は、リスクをマックスととらえる恐怖症になり、世間や情報への扉を閉ざす。リスクを怖がるあまりコロナ警察になってしまうのも恐怖症といえるでしょう。2つ目は、リスクをゼロととらえる平気症になり、自分はかからないと妄信する、コロナを怖がるのはアホと考える。この両極端に囚われる病こそが、実はコロナにとって都合のよい状況を作ってしまうかもしれません。

しっかり怖がるという、コロナとのディスタンス。

コロナにとって都合が悪い行動とは、これらの恐怖症にも平気症にも囚われずに、「しっかり怖がって遠ざけていく」という距離感でしょう。いわばコロナとの心理的・社会的なディスタンスを取る行動です。そして、その距離感は人によって多様である、ということを忘れてはいけません。極端に走らない、個々の状況を認めるという、人間社会における大人の対応が、コロナに対しても基本であると思います。恐いけれどすぐには無くならない、だったらギリギリまで遠ざけていくという姿勢。基本的なルールは守りつつどこまで距離を置くかは、それぞれの常識と責任で判断するということでしょうか。外出や外食についての考え方も、国や都の言っていることが分からなくて困る、という意見もありましたが、そこは大人の常識で考えたという人が、ほとんどだったのではないでしょうか?2メートルあけるという指針も、1.5メートルでは効果が無いのか、メートル法ではない国はどうなのか、とか突き詰めて考えても意味はないような気がします。

自分と家族、地域社会を守る大人の答えを。

もしかしたら、国にしても何がベストかの確信は100パーセントではないのでしょうか?すべてが科学的に解明されたわけではないしょう。しかも、年齢も、家族構成も、住んでいる地域も、仕事も、コロナに対する恐怖感のレベルも、すべてが多様な社会に対応するのに、「これが正解だ」とベストな解を出すことは難しいものです。そもそも、専門家の間でも意見が分かれることがあるのが現実です。であるならば、自分で家族や地域を守るために当面ベターな選択を、着実にやっていくしかないでしょう。ともあれ、マスクをしないと罰金とか、出歩くと逮捕とかではなく、法的な根拠はともあれ「自粛をお願いいたします」と言っているゆるやかな国であることは、ある意味喜ぶべきことかもしれません。強制しないが責任も持たない、では困りますが。コロナをショックドクトリンに利用して、これを機にあれもこれも改革、V字回復のチャンスだ、という平気症的な極端な思考は、実はコロナ以上に恐怖のような気がします。まずはせめて元の生活を取り戻したい、というのが切実な庶民の願いだと思うからです。