引き算ジャンル

足したり引いたり、掛けたり割ったり。遊び心で創る新ジャンルもいいじゃないか。世の中が楽しくなるなら。

新発売を、新ジャンル誕生という気持ちで。

まだ広告代理店に入りたての頃、先輩CDに「この商品は単なる新発売ではなく、新ジャンルであるという視点でも考えてみろ」と言われたことがあります。新製品を新ジャンルとしてデビューさせる。ここで言うジャンルとは商品カテゴリーという意味ではなく、コミュニケーションにおける新ジャンル感という意味ですが。たとえばアサヒスーパードライは、ビールに「ドライ」という新ジャンルを創ったと宣言したわけです。先駆者だから当然ですが、それが商品名だったところに迫力がありました。商品名がジャンルの代名詞になれば、もはや最強です。ジャンルだと思われているけれど、実は商品固有の登録商標であるという例はよくあります。たとえば、うまみ調味料はいろいろなメーカーが出していますが、「味の素」がその代名詞です。他にも「デジカメ」はサンヨーの商標です。したがって「キャノンのデジカメ」とは公式には言えません。「キャノンのデジタルカメラ」という言い方が正確です。「宅急便」はヤマト運輸の商標。「ウォシュレット」はTOTOの商標です。はごろもフーズ以外のツナ缶も「シーチキン」とは謳えません。「サランラップ」の商標はダウ・ケミカルと旭化成が持っています。でも「郵便局から宅急便が届いた」とか言っている人いますよね。

引いて生まれる。遊び心ジャンル。

新ジャンルは、フロンティアではなく既存のジャンルの足し算で生まれることもあります。たとえば、ジャンボなジェット機だから「ジャンボジェット」、ラジオにカセットレコーダーが付いたら「ラジカセ」などなど。一方、引き算のジャンルも出てきました。サンドしていないサンドイッチだから「サンドシナイッチ」とか、あまり認知されていませんが。他にも、握っていないオニギリだから「おにぎらず」。カップに入っていないカップ麺なので「ノンカップ麺」。少額のジャンボ宝くじだから「サマージャンボミニ」とかも仲間でしょう。ご飯の上に牛鍋をかけた牛丼からご飯を引いたのが「牛皿」とか、込み入った作品もあります。「押してもダメなら引いてみな」ではありませんが、足したり引いたり掛けたり割ったりしていって、新しいジャンルが生まれることは楽しいですね。ドローンやVRなどの新次元の発明もワクワクしますが、こういった、いわば「ありものの使い回し」で生み出す発明にも、遊び心のあるワクワクを感じます。「なんだオープンサンドのことか、サンドシナイッチとか言ってくだらん」ではなくて、「なるほど、面白いね!」と反応できる豊かな感性を無くしたくないですね。