成人病と生活習慣病

本質を突き価値を変える、変革力を持つ言葉もあれば、つながりを閉ざし当事者を置き去りにする言葉もある。

言葉によって、意味も価値も変えることができる。

時代の変化とともに言葉も変わっていきます。たとえば「生活習慣病」。以前は「成人病」と呼んでいました。「生活習慣病」は、故・日野原重明氏によるネーミングです。今は「成人」と言う言葉も、成人式くらいしか使わなくなくなりました。成人映画も、今は「R18+」指定と言います。成人というワード自体、今や使われなくなりつつあります。それ以外にも「成人病」を使わない方がよい理由があります。「R18+」は「18歳以上」という厳密な年齢制限ですが、「成人病」は、加齢によってかかりやすくなる病気の総称であり、実際に罹患するのは30代、40代以上が多いからです。「成人病」を「生活習慣病」と呼び変えることには、さらにメリットがあります。「成人病」から受けるイメージは「大人になったらなる病気」ですが、「生活習慣病」のイメージは「生活習慣に起因する病気」であり、属性ではなく原因を言い当てているからです。「大人の病気」では予防法も想像できないですが、「生活習慣が原因の病気」であれば、予防法が容易に想起できるからです。大人がかかると言われてはお手上げだけれど、生活習慣なら改善できるからです。「成人」という「ヒト」を、「生活習慣」という「コト」に変換したために、生活の中で「自分ゴト」として捉えて、関心を持つことが可能になりました。生活習慣が病気の原因になるという意識が定着すれば、子どもの頃から生活習慣に気を付けるきっかけになります。外形的にはネーミングを変えただけに見えますが、より身近になったばかりか、対象も広がり、その深刻さも印象づけることに成功したわけです。本質をズバリと言い当て、その価値を高めたり強化したりする。これが言葉による変換の力です。

意味や価値を曖昧にする言葉もある。

それとは逆に、本質が曖昧になるネーミングもあるのではないでしょうか。例えばよく引き合いに出されるのが、フリーターやニートなどのカタカナ語。これらは、イメージとしてネガティブではないので、その本質を隠してしまうとも言われています。もちろん無理に日本語に訳しきれないためカタカナのまま、という理由もあるとは思いますが。広告の業務の中でも、コンセプト、ベネフィット、エビデンスなど日常的に使われています。コンセプトは日本語に言い換える適切な語がないかもしれませんし、一般的にも使われていますが、さまざまな人がそれぞれ自分の解釈で使える都合の良い言葉です。エモーショナルベネフィットと言わずに「情緒便益」と言う先輩CDがいますが、こちらの方がエモーショナルベネフィットより強くて、ありがたい響きがありますね。もしかしたら、あえてカタカナ語を使わずに企画書を書いてみると新鮮なのかもしれません。その場合も「コンセプト」は置き換えが難しいでしょう。概念?理念?基本的視点?ピンときませんね。コンセプトのことを日本語で書いて成功している方がいたら、ぜひ教えていただきたいです。コンセプトもそうですが、一言の日本語に置き換えられない言葉といえば、スマートフォンの「スマート」などもそうでしょう。

言葉と、コミュニケーションの想像力。

「ニート」などもそうですが、カタカナにすると意味が実感しにくくなることはよく起こります。前・防衛大臣が「クラスター、ロックダウン、オーバーシュートなどと言ってはダメだ」という趣旨の発言をされていましたが、一理あります。それは、理解できない人を置き去りにしてしまうコミュニケーシだからです。およそ国から発信される情報であれば、全ての国民を取り残さずに伝えることが、まずは前提でしょう。「エビデンスにもとづくアラートなのでステイホームを」と言われて、ピンとこない高齢者などがいたなら、それは正しいコミュニケーシの姿勢とは言いがたいでしょう。「ハンマー・アンド・ダンス」もしかり、組織内用語として使うのは問題ありませんが、マスに対して発するのはいかがなものかと思います。かっちょいい言葉でも、ついて来れない人が現実にいるとことは、「そういう人は、ついて来なくて結構です」というメッセージを発していることと同義です。コミュニケーションするとはそういうことでしょう。発信者は「どう伝えるか」はもちろん、「どう伝わるか」に想像力を働かせなくては、コミュニケーシは成立しません。相手が高齢者ではなくとも、「ホワイトカラーエグゼンプション」と言われると、スマートで先進的なイメージがします。しかし日本語では「頭脳労働者脱時間給制度」です。ちょっと怖い制度に感じませんか?

当事者が使えなければ、言葉は流通しない。

最近「フレイル」という言葉をよく耳にします。「そろそろフレイル予防を」などと使われます。「フレイル」とは、要支援・要介護になる前の、機能が衰えている状態につけた名称で、いわば学術用語です。それまではなかった状態に実体を与えた命名で、ひじょうに大きな意義があると思います。フレイル予防は、要介護にならないための需要な取り組みとして注目され、社会保障費抑制の意味もあって、国や各自治体が積極的に進めています。この「フレイル」も、一言の日本語で言いつくせないことはよく分かりますが、当事者である高齢者には、たいへん言いにくく、覚えにくく、分かりにくいワードではないでしょうか?軽やかなフワッとした響きなので、切実さもイマイチ伝わってはきません。おそらく「フレイル」というワードに深刻さを感じないのは、濁点が無いことが関係あるかと思います。たとえば「ドメスティックバイオレンス」や「メタボリック・シンドローム」はカタカナですが、濁点があるので重い感じがします。いずれにしても、当事者が使いにくい言葉では、これからも一般的には流通しないでしょう。日野原先生なら、何と名付けたのでしょうか?